スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古典催眠とエリクソン催眠

hypno.jpg

比較してみました。




Birdie氏がHypnotism Bendを発表してから
多くのマジシャンが催眠を覚えて、使えるようになりました。
握った手が開かない、指定したものを好きになる等、
催眠術ではマジックではできないことが可能です。
ただしかかり方は人それぞれなので、かかりやすい人を
いかに見つけ出すかがポイントです。
いわゆるショー催眠ならそれで良いのですが、
かかりにくい人にもかけたい、マジック関係無くかけたい、
なんて考えたことは無いでしょうか?
というわけで二つのDVDを比べてみました。


映像で学ぶ催眠術講座 催眠術のかけ方 林貞年
・DVD2枚組みでボリュームたっぷり。
・完成された古典催眠が見れる。
・導入から幻覚まで全て丁寧に教えてくれる。

エリクソン催眠公開個人セッション トーマス・コンドン
・エリクソン催眠を映像で見れる。
・何もしてないように見える。
・かかってるように見えない。


林氏は本もたくさん出されてますがそれらを読んだだけで
かけられるようになるのは相当センスのある人です。
そこで古典催眠を極めたいなら林氏のDVDはかなりおススメです。
映像で見たとおりに真似をすれば誰でもできます。
トーマス・コンドン氏のDVDは正直よく分かりませんでした。
同調しているといわれればそうなのかもしれません。
ところで古典催眠に限界を感じるとエリクソン催眠を始める人が多いようですが、
古典催眠が古くてダサいというわけじゃないんです。
クラシックパームがクラシックだから古くて使えないわけじゃないようにです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Magician Gappo

Author:Magician Gappo
ギャグネタからスライハンドまで何でも大好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。