スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let's Go Dutch by Fritz Alkemade

dutch.jpg

DVDのレビューです。

BICYCLE(バイスクル)トランプ/GUARDIANS(ガーディアン)

Fritz Alkemade氏のLet's Go Dutchです。
ミスディレクションの効いたカードマジックが多数解説されます。
いつの間にか系の傑作を寄せ集めた感じで、正直どこかで見たようなものも多いです。
簡単に盛り上げられるのはよく分かりますが濫用は禁物でしょう。
自戒で言ってます。




見どころ1
・Y.A.M.S.M.A.T.

<現象>
選ばれたカードをチェンジさせて当てます。もう一枚選んでもらい、これもチェンジさせて当てます。それらの選ばれた二枚のカードが意外なところからまた出現し、今度はいつの間にかデックが消えてしまいます。デックケースを確かめても何も入っていませんが、もう一度確かめるとデックが入っています。
<感想>
一枚目のチェンジする方法が好きです。本当に単純ですが良い見せ方だと思います。後半のミスディレクションパートもガッツリとすり替えているだけですが、シンプルなのにインパクトがあって実用的です。


見どころ2
・It's a Four-King Production!

<現象>
デックからキングが一枚ずつ出現します。
<感想>
三枚目の出現かと思ったら実は四枚目で、本当の三枚目は既に出現していた。といった感じでこれは初めて見ました。やってみたくなります。ほんの少しですが、セットが必要なのがわずらわしいです。


見どころ3
・Multiple Selection and Revelation Routine

<現象>
9人に選んでもらった9枚のカードをデックから一枚ずつ抜き出して順番に当てていきます。
<感想>
Fritz氏流のマルチプル・セレクション・ルーティーンです。この手順は色々なやり方が発表されていますが、一番のネックは大量に選ばれたカードのコントロールをどうするかでしょう。ここで採用されている方法が、僕が今まで見た中で一番楽です。ズボラな割りにはっきり混ぜたように見えます。人には教えたくないですね。


*** 総合評価 4点 ***
テーブルホッパーの即戦力です。

点数表
5点 レパートリー確定
4点 レパートリー候補
3点 普通
2点 微妙
1点 金返せ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Magician Gappo

Author:Magician Gappo
ギャグネタからスライハンドまで何でも大好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。